お住まいのオーナー様に「マストシティ高坂〜せせらぎの杜〜」の魅力をお聞きしました。

子どもと過ごす時間を大切にして、職場に近い住まいを選択。購入したばかりの新築のお家を手放し、生活環境の充実した理想の土地へ。

東武東上線「高坂」駅東口から徒歩9分の分譲地
「マストシティ高坂〜せせらぎの杜〜」。
積水ハウスグループの積和不動産関東株式会社が分譲する全91区画のビッグプロジェクトで、2016年12月の第1期販売開始より多くの関心が寄せられています。
「ピオニウォーク東松山」をはじめ充実した商業施設と、公園や緑道など緑豊かな自然環境にも恵まれた地域です。
今回は、この夏に新しく入居されたAさんご家族を訪問し、物件を購入するに至った経緯や、日々の生活を通じて知る高坂の魅力などについてお話を伺いました。

まず物件の購入に至るきっかけについてお聞かせください。

【ご主人】
もともとは子どもが生まれたことをきっかけに、東京の町田市に戸建ての新居を購入して生活をしていたのですが、私の転職にともない勤務先も東京から埼玉へと変わったことで、職場からより近い場所への引越しを考えるようになりました。

転職してから約1年間は、町田市にある自宅と埼玉の職場を行き来して、片道2時間から2時間30分をかけて車通勤をしてはみたのですが、当時は妻も働いていて共働きだったため本当に大変で、子どもと過ごす時間も考えると職場の近くに引越すほうが良いだろうと新築したばかりの家を手放すことを決意しました。

物件を購入する際にどのような点を重視したのでしょうか?

【ご主人】
まず職場から近いところという条件で物件を探しはじめたのですが、坂戸、東松山、鶴ヶ島、若葉、川越方面も含めて、東武東上線と東武越生線の沿線をすべて探しまわりました。

最終的には50軒くらい見てまわり、なかには敷地が広くて価格帯も比較的安い物件もありましたが、ショッピングセンターの「ピオニウォーク東松山」や「カインズホーム」、「ケーズデンキ」など、徒歩圏内で何でも揃う生活環境に恵まれているのは、「マストシティ高坂」しかありませんでした。

町田から埼玉への引越しという点で、地域性もまったく異なるあたらしい生活環境への不安や戸惑いはありませんでしたか?

【ご主人】
新居を構えていったん生活の基盤を整えた後だったので、あたらしい街で生活することに対して抵抗感がまったく無かったとは言えませんが、学生時代をこの近くで過ごしたこともあり、土地勘があったのでそれほど心配はしていませんでした。

【奥さま】
入居して約一ヵ月ですが、子どもたちが通う幼稚園が車で10〜15分ほどのお隣の坂戸市内にあるので、実はまだそれほど地元のお母さんやご近所の方とも交流が無く、まだ何とも分からないというのが正直なところです。

【ご主人&奥さま】
でも、良さそうな人たちばっかりだよね(笑)

【奥さま】
子どもを連れて買い物に行くと、ご近所のおじいちゃんおばあちゃんが、子どもたちを見てにっこり笑ってくれるので、何だか心が暖かくなります。
「ピオニウォーク東松山」は週末ともなると大盛況で、おじいちゃんおばあちゃんがお孫さんを連れて買い物に来ている姿もよく見かけますね。

以前の生活環境と比較して大きく変わったところはありますか?

【ご主人】
町田にいるときは、自宅の近くに小さな公園があるだけでしたが、ここには大きな公園や散策できる緑道もありますし、子どもたちものびのびと楽しそうに過ごしていると思います。 よく遊びに行く公園はブランコのある「川風(かわかぜ)公園、それと「ケーズデンキ」の隣にも「折本山(おりもとやま)公園」があって、自宅から歩いて行ける距離にひろびろとした公園があるのは助かりますね。

七清水せせらぎ公園

また、この地域にはお祭りが多いのも特徴です。7月末には東松山で「東松山夏まつり」が、高坂では地域の神社を中心に御神輿と出店が並ぶ「高坂夏祭り」が行われます。子どもたちにとっては地域のお祭に参加するはじめての経験になるので、とっても楽しみにしています。

七清水せせらぎ公園
  • 埼玉県こども動物自然公園
  • 国営武蔵丘陵森林公園

それと東松山には動物と触れ合える「埼玉県こども動物自然公園」とお隣の滑川(なめがわ)町には「国営武蔵丘陵森林公園」もあり、車でわずか10〜20分の距離に子どもたちを連れてお出かけできる場所がある、恵まれた環境だと思います。

「マストシティ高坂〜せせらぎの杜〜」の物件で気に入った点はどんなところですか?

【奥さま】
わが家は建売物件なのですが、数多く見学した他の物件にも無かった、まさに理想的な間取りでした。
キッチンからまっすぐ洗面所に行けるという間取りもはじめてでしたし、私がリビング階段に憧れを抱いていたのもあって、ひと目惚れに近い、お気に入りのお家です。

【ご主人】
あと、天井が高いですよね。天井高が2m55cmもあるので圧迫感もまったくありませんし、空間の広がりを感じます。建物は3LDKプラス4.5帖の畳コーナーや書斎スペースもあって敷地も170.07㎡(約51.44坪)あるため、町田に住んでいた頃の新築の物件とも雰囲気がまったく違い、広い建物と敷地でゆったりと生活できているゆとりを感じます。

高坂ならではのライフスタイル、また日々の過ごし方について教えてください。

【ご主人】
マストシティ高坂〜せせらぎの杜〜に引越して来てから、わが家のお出かけは週末ではなく平日夕方のお散歩が恒例になりました。勤務先が近くなったので自宅にも早く帰って来られるようになりましたし、夕涼みを兼ねてみんなで買い物に出かけているんです。
ピオニウォーク東松山までの歩道は、駅から続く主要道路として綺麗に整備されていますし、家族4人が手をつないで並んで歩けるあの広さが良いですね。

大東文化大学や東京電機大学、山村学園短期大学のキャンパスも近くにあるので、もっと学生が多い賑やかな地域かなと想像してはいたのですが、学生が利用するのは駅の西側だけで自宅のある東側にはほとんど来ないから夜も静かに過ごせます。

高坂ならではのライフスタイル、また日々の過ごし方について教えてください。

【奥さま】
「高坂」駅の西口に図書館があるので、近々、その高坂図書館に行ってみようかと話しているところです。

【ご主人】
私は子どもを連れて釣りに行きたいですね。
近くには釣り堀もあるようなので、このあたりでしかできないような遊びを子どもと一緒にやってみたいと思います。

最後にこれからお住まいになる方へのメッセージをお願いします。

【ご主人】
入居に際してお世話になった積和不動産関東株式会社の担当者の方からお話を伺ったのですが、「マストシティ高坂〜せせらぎの杜〜」では、いま自治会の立ち上げを行っているところで、先日、役員の方が決まったようです。
行政との兼ね合いもあって正式には2018年4月1日からの発足になるようですが、第一期の販売開始から半年が経っていまようやくひとつの街区として動き出したところです。
8月27日(日)には、積和不動産の主催で“まちびらきイベント”の開催も予定されているようで、すでに入居されている方々と顔合わせできる貴重な機会になりそうです。
町田に住んでいる頃は、自治会はあったものの入会手続きをする前に引越しすることになり、地域とのつながりが無かったので、91区画ものあたらしい街として誕生する「マストシティ高坂〜せせらぎの杜〜」に期待もしています。